No.263【開発の途中】

応募者:藤雅

梅田再開発の途中
夕刻太陽が沈みかけ
赤い夕陽がビルの鉄骨の隙間から差し込んで
今後、二度とない光景に出会えた

10

99